0

CentOS6.6にEPELとRemiをyumに追加する

新規でCentOSをインストールしたら必ずやってることでいつも忘れるのでメモ代わりに EPELとRemiをyumリポジトリに追加する。

リポジトリインストール

EPELはyumコマンドで楽々インストール

yum install epel-release

続いてRemiのインストール 初めにGPGキーをインポート

rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi

次にインストール

rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

インストールしたEPELとRemiの初期設定を行います。 デフォルト無効にしておいて必要なときだけ使用するように変更していきます。 enabledが0に変更する。

vi /etc/yum.repos.d/remi.repo
vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

使い方

yumのオプションで適用するリポジトリを指定するだけで使用できます。

yum --enablerepo=[remi or epel] info php

しむ

普段はWEBエンジニアとして会社員+フリーで活動しています。 メイン言語はPHPでフロントよりバックエンドの方が得意です。 このブログでは自分が実装した内容を纏めて色々紹介していけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です