1

Homebrewをインストール

Homebrewとは、Mac OS Xでソフトウェアの導入を単純化するパッケージ管理システムです。 Xcodeを使用するためあらかじめインストールしておいてください。

1.Javaのインストール確認

以下のコマンド実行後バージョンが表示されれば問題なし。 もしインストールが済んでいない場合はダイアログが表示されインストール する事ができる。

$ java -version
java version "1.8.0_05"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.8.0_05-b13)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 25.5-b02, mixed mode)

2.Command Line Tools をインストール

コマンド実行後インストールできます。

$ xcode-select —install

3.Homebrewをインストール

$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/mxcl/homebrew/go/install)”

4.インストール後確認

まずはインストールの確認

$ brew -v
Homebrew 0.9.5

このようにバージョンが表示されればインストールは成功です。 次にシステムの整合の確認をする為に以下のコマンドを実行します。

$ brew doctor

実行後、問題が見つかると一覧が表示されます。 そこには改善方法も一緒に記載されているので確認しながら問題点を潰して行く。 全ての問題が解消されると以下のメッセージが表示されます。

Your system is ready to brew.

基本操作やリポジトリの追加方法はまた次の機会に。。。。


しむ

普段はWEBエンジニアとして会社員+フリーで活動しています。 メイン言語はPHPでフロントよりバックエンドの方が得意です。 このブログでは自分が実装した内容を纏めて色々紹介していけたらと思います。

One Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です